読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんのんきもの。

安穏で呑気な、猫と着物のブログ。

完全手縫いで単の着物。

写真左、青いほうの生地5mを使って 絶賛手縫いで単の着物を縫い縫いちゅうです。

青と紫の斑らが綺麗。 ところどころフロッキーなので、立体感があります。

が、 ウォーキングデッドをseason1から見始めてしまい なかなか手が進みません 笑

ダリルが素敵すぎて 続きが気になるし 子供と一緒にきゃーきゃー言ってます。

単の季節になったらすぐ着れるように、 残すところ、衽と衿付けなので 頑張りますーヽ(^ω^)ノ

昨日の着物

先週ですが渋谷で映画を観てきました。

百日告別という韓国映画です。

春めかしくありませんが、黒が着たくて

黒い幾何学模様の着物

白黒ドット帯

ウールの紫ドット羽織

あと猫のストール、猫のバックでした。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

手縫いとミシンで単衣の着物

静かに心踊る生地に出会い、 単衣の着物づくりに挑戦してみました。

長さは5mの洋裁生地

前回買った本ではなく、なんとなくネットで型紙探し。 なにも考えずに裁断!

縫う順番としてはミシンで

背縫い

衽つけ

あとは手縫いで

衿付け

共衿つけ

袖付け

各所のすそ始末

全部ミシンのつもりでいたけど 縫い始めると なんというかやわらかな縫い目、 糸のユルミが恋しくなったり

端処理も、ジグザグしましたが やっぱり見せずに三つ折りくけした方がダンゼン綺麗なので 途中から手縫い。

自分が着るからテキトーでいいや、と気負わずにはじめたけど 縫ってアイロンしてまた縫って。

繰り返し布に触れるたび情がうつり 可愛いコになってほしいと思うのてす。

出来上がりはこんな感じ 内揚げがないから浴衣じゃないか??

全体的に羽織より工程数が少なく、針と糸になれたこともあって 時間はかかりませんでした。

ところで 生地というのは5mも使うと思いの外、重い…

柄だけで選んだコットン生地は縫いやすかった半面 固くて、しなやかさがない。 とくに4枚の布が重なる衿、抜きがなんだかなぁ。

着てれば馴染むのかな?

アンティークでも、お高いものは薄く柔らかく軽いんですよね?

そのようにアンティークショップで言われましたけれど

飾るためではなく、纏うためにあるのだから わたしはそちらのほうが好みです。

なので次回 もっと薄手のテロテロ生地で縫います。 洋裁のように布を切らず、和裁本をみて折りあげて!

めざせ、あんのん着物。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

手縫いで長羽織作り

フロッキープリントで作る羽織は絶対失敗したくない!

ということで 正しい羽織の衿の折り方、乳の付け方を知りたくて 和裁本を買いましたよー꒰´∀`

DVD付き いちばんやさしい和裁の基本 https://www.amazon.co.jp/dp/4816357246/ref=cm_sw_r_cp_apip_qm4gGARfpnwJY

本当にレビューの期待を裏切らない本でした!

例えるなら折り紙の本みたいで 裏表、折り線、縫い線、仕上がり線、待ち針の位置が 分かりやすくイラストで書いてある。 なので私のような初心者でも、なんか出来ちゃう予感が 笑

今回DVDは見てませんが きっといつか困った私を助けてくれるでしょう!!

さて、では大切な生地を使う前に練習です。

淡いデニムにもみえる爽やかなブルー無地で長羽織をば 仕上がり身丈100cmで作りたかったので 3m用意しました。

本を何度も読みながら、くけくけ、縫い縫い。

くけ縫いはハマりますねー 手をかければ応えてくれるというか 縫い目が美しく仕上がるので、ずっと縫っていたくなります。

で、出来たヽ(^ω^)ノ

衿の折り方 理解出来てないけど 笑 きっちり重みで裾に寄り添い落ち着いてます。 今回はマチ、乳、衿がちゃんとありますよ! (前作のはドテラだったことにしておう)

それにしても無地って急に温泉感が 笑 伊達締め晒してるから尚更ねっ

湯上り。温泉旅館の寒い廊下を歩いて帰るときみたい〜

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

ウールの長羽織を手作り

毎週毎週 名古屋帯や半幅帯を作っているうち2月になっていました。

楽しいことをしている時間は、あっという間に過ぎていきますね!

いろいろな布に触れ、切ったり縫ったりして戯れるのは なぜかとても癒されます。 触り心地が良い布や、柄が可愛い布に出会うとドキドキしたりして。

それでブログはじめに やりたいこと書き出しましたが、

◆ひとりで着替える

半衿をつける

◆近所まで買い物

◆映画をみにいく 

◆お茶しにいく

◆ゴハンをたべる

◆着物をとく

半衿帯揚げをつくる

◆帯をつくる

ここまで なんとなくできてしまったのでですね。 というか そんなに構えることもないんだなぁ

というのが本音。

これからはもっとたのしく着るために

着物にあわせて小物を作ろうと考えております。

で、思い立って軽くてあたたく 端処理もしやすい ウールの布を見つけて羽織作りに挑戦しました。 寒いので長羽織です。

小物じゃないじゃん 笑

でもいま 作りたかったので! 型紙もネット上のだし和裁経験ないのでかなり自己流ですが、 最初だけミシン3割、あと手縫い7割。 ぜんぶ手縫いのほうが綺麗な気がします。

まあなんとか形になったのでは?! ちなみに半幅帯は孔雀とヘリンボーン柄のリバーシブル。 めっちゃ使えます。

羽織の命と言われる衿は生地がモコモコしてたので コート風にして折らずに着る形にしています。

折ってもいいけど、乳がないのだー 笑

一番難しいのは前の裾でした。 羽織った時、窄まるようにすとんと落ちていてほしい。 外を向いたり中を向いたりしないように なんども仮縫いしては、試着しました。

大変だけど楽しかったです。 なにより、裏地つけたのであったかいいいい(*≧艸≦)

もうすぐ春だけど まだまだ寒いからいっぱい着る!

それと春先まで使えるよう、もう一枚 薄地のフロッキープリントで作る予定です。

できたらまた更新します♪

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

着物からリメイク名古屋帯

蝶々の染めが美しい振袖さん♪
袖と襟など汚れがあちこちあって着れないため
名古屋帯にリメイクです!

解いた生地にアイロンするまでは前回と一緒ですが、
今回考えたのは柄の位置。
お太鼓とお腹の部分に出るように、汚れていない生地を並べ替えます。

三角の部分からタレに向かって70cmあたりにお太鼓柄、
手先に向かって30〜100cmあたりがお腹の部分になります。 (わたしの場合です、個人差あると思います)

さてココからが問題ですよ。

例のごとくアイロンにより歪んだ生地に、接着芯を貼ります。

さらに今回は気合をいれて三河の帯芯を挟みまして、
ガーーーっと縫いました。
端っこが歪んでるのでとても縫いづらかったです(´ω`;)

手直し必要なとこもありますが、とりあえず完成♪

どうでしょう、ぽってりとした帯になりましたよ?!

縮緬だからこんなものかな?
柔らかものの特有の優しさが消えたような。。。

好みの問題かもしれませんが、
ペランとしてて柔らかいほうがわたしは着物も帯も好きみたいです。

でもこの蝶々さんが可愛い、大好き(*≧艸≦)❤︎

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

破壊日和。

今日はですねー
素材として入手した縮緬の帯と振袖を、解いて解いて解きまくりました。

帯といっても素材や刺繍の有無によって
厚みが全然違うので、中がどうなってるのか一回 中身を見てみたかった!

振袖→手前の蝶々さんたち
いやぁ、振袖って部品が多い!
めちゃくちゃ時間かかります。
八掛は綺麗なグリーンだったのですが、
なんかもう目が痛くなって解き途中で諦めました。

帯→奥の帯芯、黄色の花柄
帯芯はたれ部分だけ一枚多く重ねて、厚みを出してありました。

なるほど〜!!

では、これらの材料にアイロンをかけてから組み合わせ、
蝶々の名古屋帯を作ってみたいと思いますヽ(^ω^)ノ



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村